ぐい呑み『雫』 金赤琥珀

¥40,000

素材:クリスタルガラス
付属:各商品共に木箱付き

在庫2個

- +
SKU: DRP_CUP_UKA Categories: ,

クリスタルの重みと職人技を感じながら呑む、満足な時間を

うっとりといつまでも眺めていたくなるほど美しい。
コンパクトなぐい呑にこれほどかと職人技が詰まっている個性のかたまりです。

クリスタルのズシリとした立派な重みは、本物を所有している満足感をも満たしてくれ、
口に触れる縁はカットせず、あくまでお酒の邪魔はせずに持ち主の心豊かな時間を演出します。

 

のぞきこめば万華鏡、どの角度から見ても華やかな世界が広がる

上から、横から、どの角度から見ても華やかに広がる世界観を堪能できるぐい呑み。
伝統文様の菊繫文と、大胆な曲線を施した花弁をイメージさせるようなデザイン
硝子の切り込みには浅深も使いわけるこだわりと確かな技術力で
大胆さやうねりを感じていただける曲線の表現は、根本硝子工芸ならでは。

煌びやかな金赤、さらに琥珀が纏う上質

江戸切子ガラスの中でも琥珀の色被せ(いろきせ)ガラスは
収集家の中でも人気の高い配色です。

被せガラスの色合いの深みや表情は、ガラスそのものの持ち味や調合の具合によるもの。
金赤の色被せは特に発色が難しく、その日の釜のコンディションによって透明感や輝きが違ってきます。

根本硝子工芸では数名しか扱うことができないレアなクリスタルもあり、
ガラス生地メーカーからの高い信頼のおかげで美しい色のガラスを取り扱っております。

カットの技術に加え、ガラスの色選び、デザインのオリジナリティが融合して
「根本硝子工芸らしさ」の表現になると私たちは確信しています。